上の動画では、ハッカーたちが都会の超高層ビルの照明制御システムを乗っ取って、世界一すばらしいゲーム『スペースインベーダー』をしている。

この動画は、ハッカーたちが実際に、ターゲットとして電気・ガス・水道の制御システムに目を付けていることを示す不吉な証拠だ、とセキュリティ製品を提供する米McAfee社の研究者は警告している。

「最初のデモ動画は面白半分に制作されたものだろうが、子どもじみたものではない企てもこの後に登場するはずだ。こういった攻撃は国全体にダメージを与え、一般市民に深刻な影響を及ぼし、大きな財政的損失を招きかねない」と、McAfee社の研究センターAvert Labsの研究者であるFrancois Paget氏は、5月22日(米国時間)にブログに書いている。

確認された同様の事件の件数は、1999年段階から今まで変わらずゼロ件前後で推移しているとはいえ、ハッカーたちが『SCADA』(Supervisory Control and Data Acquisition)システム[産業制御システムの一種、コンピュータによるシステム監視とプロセス制御を行なうもの]に侵入して停電を起こすなどの騒乱を招くという恐ろしい噂は、昨年1年間に異様な盛り上がりを見せた[他国が米国の電力網を乗っ取り、操作するという脅威が話題を呼んだ。日本語版の関連記事はこちら]。

2008年11月に『YouTube』に投稿されたこのビデオクリップは、そういった脅威の重要な証拠の1つになるかもしれない。ただし、実際には手の込んだいたずらだ。

この動画を制作した制作会社、独The Brainstormclub社(本社:ミュンヘン)のマネージング・ディレクターであるYves Peitzner氏はこう語る。

「居間で遊ぶコンピューターゲームを巨大な画面でするのはどうだろう、とひらめいた。[この動画について、]様々なブログやウェブサイトで行なわれた議論を読むのはとても興味深かった……本当にあった出来事だと信じている人もいる」

Peitzner氏によれば、ミュンヘンにある2棟のビルを撮影し、撮影後の編集段階で、スペース・インベーダーのすばらしいゲームプレイを付け加えたようだ。

ステルス・マーケティングを企画するThe Brainstormclub社は昨年、ビデオゲーム・カンファレンス向けの宣伝としてこのアイデアを思いついた。このアイデアはカンファレンス開催者に却下されたが、同社はとにかく制作を行なった。
http://wiredvision.jp/news/200905/2009052820.html

私も、「本当にやりやがった」と勘違いしてしまいました。実際には手の込んだいたずらだだったそうです。ほっとするやら、がっかりですが、これを宣伝ビジネスとしてやったら儲かりそうですね。