東海・東南海・南海地震の震源域が連なる南海トラフ(浅い海溝)の最大級の巨大地震について内閣府は29日、死者は関東以西の30都府県で最大32万3000人に達するとの被害想定を公表した。マグニチュード(M)9・1の地震で最大34メートルの津波が太平洋岸を襲い、震度7の強い揺れなどで最大約238万棟が全壊・焼失すると推定。東海地方から九州までの広い範囲で甚大な被害の恐れがあり、国や自治体に防災対策の抜本的な強化を迫るものとなった。

死者数の最大は東日本大震災(死者・行方不明約1万8700人)の20倍近い超巨大災害で、2004年のスマトラ島沖地震(約28万人)を上回る世界最大規模。ただ、南海トラフで起きる次の地震を想定したものではなく、発生頻度は極めて低いとした。死者数は幅があり、最小の場合は約3万2000人になる。

釜石の子供達に学ぶ【命を守る特別授業】


9月1日防災の日 NHKで釜石の奇跡を放送していた。
リスクマネージメントの大切さ、教育の大切さを痛感する番組であった。日本は四季に恵まれ風光明媚な神に祝福された土地ではあるが、地震・台風・津波・火山噴火の脅威にもさらされている。
富士山の噴火はもう数年以内であろうし、東海沖から四国沖の「南海トラフ」を震源とする巨大地震もそう遠くない未来に必ずやってくるであろう。首都直下地震も避けて通れない。
行政が逃げろと言わなかったから先生達が判断する能力が無く津波に流されて死んでしまった悲劇もあった。3.11以降日本人は行政に頼るのではなく自ら生き延びることを考えるようになった。

私は原発による電力は当面必要だと思っている、しかし南海トラフの巨大地震で想定された津波で、中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)では敷地内が広範囲に浸水が想定されている。
浜岡原発は運転を停止し冷温停止状態のため想定津波が発生しても直ちに深刻な影響は出ないとみられるが、再稼働するには、新たな想定される最大高さ19メートルの津波が襲来してもびくともしないように再設計が必要である。
福島での失敗は経験として生かすべきだ。中部電は「現状では冷却機能は十分」とした上で、新想定に基づく安全性を年内に評価。来年12月の完了を目指して津波対策を実施中で、このうち高さ18メートルの防潮堤は年内に完成の予定。同社は津波対策の完了後に再稼働の是非を判断するとしているが、ちょっと足らないではないか!想定最大値を上回る備えが必要だと思います。









執筆中