転移がんをウイルス薬で退治へ 東大など
【日経産業新聞】 2019/10/4 2:00

細胞に感染して増えるウイルスを使ってがん治療の実用化に向けた研究が加速している。東京大学の藤堂具紀教授らが開発した新しい遺伝子組み換えウイルスは、現行では治療が難しい種類の固形がんにも効く可能性があるほか、転移したがんなども治療できる見通しだという。2030年ごろには、様々な機能を持つ「がんウイルス療法」が新たながん治療の主役のひとつになるかもしれない。

image140
ウイルスを感染させることでがん細胞を退治する。左は投与直後、右は投与から48時間後、悪性脳腫瘍の細胞が壊れた(藤堂教授提供)

藤堂教授らは信州大学の奥山隆平教授らと組んで、がん細胞だけを壊し、さらに免疫を刺激してがんを攻撃させる2つの機能を併せ持つ最新の治療用ウイルスを使った臨床試験(治験)に乗り出す。皮膚がんの一種「悪性黒色腫(メラノーマ)」の患者に投与して、安全性や効果を調べる。先月末に治験参加者の募集を始めた。「これまでよりも高い効果が出るはず」と意気込む。

ウイルス療法の原理は、細胞の"乗っ取り"だ。ウイルスは細胞に感染すると、遺伝子に入り込み細胞に自分自身のコピーを作らせる。増えたウイルスは細胞を破壊、次々に細胞に乗り移る。この仕組みを使いがん細胞を殺す。

最大の強みは「ひとつの腫瘍に投与したウイルスが全身に作用すること」(藤堂教授)だ。ウイルスは時間がたてば免疫細胞によって除去される。だが同時に、がんの特徴を覚えた免疫細胞が全身を巡り、転移したがん細胞を攻撃するようになるという。

ウイルス療法の歴史は古いが、治療手段候補として脚光を浴び始めたのは90年代初め。米研究者マルトゥーザ氏らが、遺伝子組み換え技術でウイルスの遺伝子の1つを働かないようにすることで、ほぼがん細胞だけでウイルスを増やせることを示したことがきっかけだ。

image145

藤堂教授らが新たに開発したウイルス「G47デルタ」は、ヘルペスウイルスをもとに改変。3カ所の遺伝子の働きを抑えて、正常細胞にはまったく感染せず、がん細胞だけで増えるように設計した。さらに今回の治験では、G47デルタに1つの遺伝子を加えた「機能付加型」ウイルスを使う。組み込んだ遺伝子から作られる「IL12」というたんぱく質が、がん細胞でウイルスと共に作られる。がん細胞のまわりに分泌されて免疫の働きをさらに高めるという。

治験ではメラノーマ患者6人で安全性を確かめる。18人に免疫治療薬「オプジーボ」と併用し相乗効果も確認する。具体的な治療法を模索し、5年後をメドに承認申請を目指している。

ウイルス療法の特徴は、狙った機能を遺伝子組み換え技術で設計し、付加できる点。ただ、現在の想定では、ウイルスを固形がんそのものに直接注射などで投与する。周囲の腫れなどの副作用が生じる懸念もある。藤堂教授らはG47デルタに別の遺伝子を組み込むなどして、腫れにくいウイルスの開発にも取り組む。

将来は、がんの種類別や、進行度別など目的にあったウイルスができるという。藤堂教授は「患者にあわせて複数のウイルス薬を混ぜて使う日が将来くる」と予測する。

国内ではがんウイルス療法の治験や臨床研究が複数進行中だ。藤堂教授らは悪性の脳腫瘍の一種「膠芽腫(こうがしゅ)」を対象にしたG47デルタの治験を終了。研究グループは年内に医薬品医療機器総合機構(PMDA)に承認申請する予定だ。

 一方、3月に日本で初めてがんウイルス治療薬の承認申請をしたタカラバイオは、9月下旬、申請を取り下げた。既存の抗がん剤と同程度の効果を示すのが難しかったという。既存薬と比べたメリットを十分示せる治験デザインを模索するという。

 がんの新治療法は、既存薬を上回る効果や併用効果などを治験などで示さなくてはならない。特に、がんウイルス療法のような新たな技術は使い方の戦略・立案が重要だ。

2015年に米食品医薬品局(FDA)が、米国初のがんウイルス治療薬「イムリジック」を承認した。だが現段階では、米国でのがん治療として定着したとは言えない。実用化後も使い方など検討を積み重ねる必要がある。

 ウイルス療法は多様な可能性をもつ。将来は「がんが見つかったらまずウイルスを投与して、がんへの免疫をつける使い方も考えられる」(藤堂教授)。まずは日本初のがんウイルス治療薬の実用化だ。

(スレヴィン大浜華)

ウイルス療法とは、がん細胞だけで増えるように遺伝子を組み替えたウイルスをがん細胞に感染させ、ウイルスでがん細胞を殺しながらがん細胞内で増幅していくが、正常細胞には害を与えないウイルスで治療しようという試みです。

ウイルスががん細胞を殺すことに加え、がん細胞に対するワクチン効果も引き起こします。

また手術や放射線、化学療法など従来の治療法とも併用が可能であることから、近い将来がん治療の最有力という記事です。

副作用が少なく、がん細胞を喰い尽くしたら消えるという夢のような治療方法ですが・・・ウイルスって突然変異を起こしやすいのでは?もしかしたら、体中がヘルペスだらけになってしまうのでは?素人の私が口を挟むことではないが・・・いささか不安です。



本庶佑さんノーベル賞「オプジーボ」大幅値下げでがん治療は変わるか

保険適用なら月々およそ8万円に

【現代ビジネス】2018.10.01


京都大学特別教授の本庶佑氏(76)が、2018年のノーベル医学・生理学賞を受賞することとなった。本庶氏の研究は、画期的ながん免疫治療薬「オプジーボ」の開発に大きく貢献するものだった。


オプジーボは優れた効果の反面、高額な薬価が問題視されることもあった。だがここ最近、大幅な値下げが進んでいることをご存知だろうか。


この11月から安くなる

がんの免疫薬「オプジーボ」(小野薬品)が日本で承認されてから約4年が経った。「夢の薬」と言われながら、一方で高すぎる薬価が医療費を圧迫するとして「亡国の薬」とも呼ばれたオプジーボ。


当初の薬価は1瓶(100mg)あたり約73万円だったが、36万、27万円と下がり、今年の11月には17万円にまで下がることが決定。現行の薬価から「4割値下げ」となるわけだ。


「安くなったぶん、『保険適用外のがんにも使いたい』という患者さんが増えています。適用外のがんにも効くと期待している人は多い」(健康増進クリニック院長の水上治氏)


現在、オプジーボの保険適用がんは、悪性黒色腫(メラノーマ、皮膚がんの一種)、肺がん(非小細胞、二次治療からのみ使用可能)、頭頸部がん(舌がん、咽頭がんなど)、胃がん(切除不能なものに限る)など、6種類ほどに限られる。


保険適用のがんであれば、高額療養費制度が使えるので、1ヵ月8万円ほどで済む。保険適用外のがんに使うとなれば、全額自己負担となるが、薬価が下がったことで、投薬へのハードルが下がったことは間違いない。


だが、オプジーボは保険適用外のがんにどれくらい効くのだろうか――。


「オプジーボは自分の持つ免疫細胞に働きかけ、がんを叩くので、効果は個人差が非常に大きい。保険適用のがんに使用した場合、効果があるのは2割とされていますが、保険適用外のがんについては正直、未知数です」(水上氏)


4割も安くなるとはいえ、経済的負担はやはりある。体重60kgの人の場合、1回の投与で180mgの注射が必要で、1年間使えば、1000万円の薬剤費がかかる。


「英国などでは『費用対効果が低い』という意見もあり、私も同感です。ただ、なかには審査に時間がかかっていて、認められていないだけで数年後には保険適用になるがんもある。


その意味では大腸がんのように米国など海外で、すでに効果が認められているがんに関しては、経済的な事情が許すなら試してみる価値はあるかもしれません」(虎の門中村康宏クリニック院長の中村康宏氏)


オプジーボには、間質性肺疾患や肝機能障害、重症筋無力症、I型糖尿病などの副作用も指摘されている。'16年にはオプジーボと他の免疫療法を組み合わせて使用したところ、患者が死亡したケースもある。


それでも末期がん患者にとって、オプジーボは最後の希望である。


「オプジーボを求める患者さんは、それこそ藁にもすがる気持ちでやって来ます。私も末期がんだったら、やっぱり保険適用外でも使うかもしれません。あとは個人の人生観や死生観の違いになるかなと思います」(前出・水上氏)


「週刊現代」2018年9月15日号より