image060

【産経ニュース】2020.7.30 21:13 

【台北=矢板明夫】台湾の民主化を進め、初の直接選挙による総統を務めた李登輝元総統が30日、入院先の台北栄民総医院で死去した。97歳だった。李氏は今年2月、自宅で牛乳を誤嚥(ごえん)し病院に搬送され、肺浸潤がみられるとして投薬による治療を受けたが、その後も入院を続けていた。

 28日夜に容体が急変したとの情報が流れた。29日午前、蔡英文総統、頼清徳副総統、蘇貞昌行政院長(首相に相当)が相次いで病院を訪れ、李氏を見舞った。

 李氏は1988年、終戦前から台湾に住む「本省人」として初の総統に就任。中国国民党による一党独裁体制の変革を進め、「台湾民主化の父」と呼ばれた。96年には初の直接選で当選を果たし、2000年まで計12年間、総統を務めた。中国からは「台湾独立派」と批判されたが、流暢(りゅうちょう)な日本語と親日的な言動で、多くの日本国民に親しまれた。


 李氏は日本統治時代の1923年(大正12)に生まれた。戦前の日本教育を受け、なかんずく旧制台北高等学校で高い教養教育を受けた。このことが、李氏が中華思想の呪縛にとらわれず、理性的で大局的な判断と、信念を実行しえた力の源泉だった。

 李氏は72年に外交関係を失ったものの、隣接する日本との関係が、台湾の安全保障や経済発展に欠かせないと信じていた。「だから反日教育をやめさせ、台湾の子供たちに正しく日本と日本人を理解させなきゃいけない」と話していた。

 96年に李氏が作らせた中学の教科書「認識台湾」はその一歩。新しい教科書で日本統治時代の功績も認める記述を大幅に取り入れ、歴史を再評価した。日台間の信頼感が増したのは、李氏の業績だといっていい。(元台北支局長 河崎真澄)
日台の恩人、李登輝翁 が逝去された。日本人が失いかけた日本人としての美徳や矜持を思い出させていただいた。国民党の毒を抜き日本と台湾を真の友好国とした功績はまさに偉烈である。日台両国民にとって李登輝翁は至宝であった。


日本人として生まれ、台湾人として亡くなった
李登輝翁 に贈る曲として相応しいかどうかは不問にしてほしい、李登輝翁逝去の報を聞き、私の頭のなかでは延々この曲が流れている。李登輝翁は来日するたびに自身の靖國神社への参拝している。そのことを問われた翁は「兄が奉られている、弟が参拝しないのはありえないことではないか。」と一喝、胸のすく逸話である、
【7/31追記】一晩寝て、なぜ「海行かば」が頭の中でリフレインした理由が恥ずかしながらわかった。考えてみれば、当然のことでした。自分、もしかすると保守派の日本人のDNAには、「
海行かば」は最上級の葬送曲国であると刷り込まれているからである。
靖国神社で祭られている御霊以外にも、たとえ外国人でも、人類や地球の為に身を尽くされた方に哀悼の意を表する時に、この曲ほど荘厳に追悼する調べは無い。ましてお兄様が靖国に祭られているのであれば、22歳まで帝国臣民であった李登輝翁に哀悼の意を示す時にもっとも相応しい調べかもしれません。(歌詞はさすがに
李登輝翁のお別れに対して違和感はありますが・・・)



李登輝翁は常々「22歳まで自分は日本人であった。」と公言していたが、日本人として生まれ、大陸からやってきた中国人(国民党)に占領され、
中国人ではない新しい台湾人、真の台湾人のアイデンティティを確立した偉人だと思います。

李登輝の存在は、膨張する中華帝国を止めた英雄でもある。

中国共産党は台湾に「一国二制度」の受け入れを迫っていたが、その台湾統一の野望を阻んだのは、李登輝氏が総統時代に政治改革や教育政策などを通じて確立させた台湾人意識であった。台湾の主体性を喚起させ台湾人意識は、台湾民意の主流となり、例え李登輝翁 が死去したからといっても揺らぐことはなく、習近平は武力統一戦略以外選択肢はないであろう。

中国が武力侵攻した場合台湾は、三峡ダムをミサイル攻撃を行うと公言しているが、本当に台湾侵攻した場合、李登輝翁が鬼となって崩壊させてくれるかもしれない。

【李登輝】超一流のリーダーに学ぶ仕事と人生の極意。台湾を民主化に導いた感動実話
•2019/08/29