image007
米空軍は次世代戦闘機のデモ機を密かに飛行させていた
実機や誰が作ったのかさえほとんど知られていないが、次世代戦闘機への取り組みが急速に加速していることを示している。
【WarZone】 THOMAS NEWDICKS 2020年9月15日


2020年9月15日に開催される空軍協会の仮想航空・宇宙・サイバー会議の2日目の講演で、空軍の獲得・技術・兵站担当次官補ウィル・ローパー博士は、次世代航空覇権(NGAD)プログラムのための以前の未公開のデモンストレーターが飛行試験を開始したことを明らかにしました。

「我々はすでに実物大の飛行実証機を実際の世界で製作して飛行させた」とローパー博士Defense Newsのインタビューで、「(今までの戦闘機の各種)記録を更新した」と述べた。そしてこれまでにない方法で次世代機を作る準備ができている」と述べています。

もちろん、無人機である可能性もあるが、飛行試験段階に入ったことで、米国の新世代戦闘機投入への取り組みが加速していることは明らかだ。


NGADプログラムの性質からすると、問題の航空機はリスク軽減のための取り組みや、NGADプログラムを支える主要なコンセプトを証明するために使用される技術実証機である可能性が高いと思われます。偶然かもしれないが、米国南西部では最近、飛行試験の活動が顕著に増加しており、これは少なくとも部分的にはNGAD関連の試験である可能性がある。

ローパー博士の「記録更新」との言及は、限界に挑戦する有人Xプレーンのイメージを思い起こさせるかもしれませんが、それは同じように、空軍の新しい「eSeries」で支持されているデジタルエンジニアリングを利用することで知られている航空機の設計と開発パスで行われた進歩を意味している可能性があります。

image004
 A Northrop Grumman NGAD concept.

いずれにしても、空軍はある種の実験機を秘密裏に製作して飛行させてきたが、ローパーはそれ以上の詳細は提供していない。この機体の製造元もまた、その名称と同様に謎のままである。

最後に知られている米国の新しい戦闘機のプロトタイプは、ボーイングX-32ロッキード・マーチンX-35で、2000年代初頭に統合攻撃戦闘機プログラムに参加していました。

新しい戦闘機の発表は異例の出来事であり、NGAD構想を取り巻く秘密主義が今回の発表をより魅力的なものにしています。近いうちに詳細が明らかになることを期待するしかないが、NGADプログラムの実績を見る限り、期待してはいけないだろう。

Contact the author: thomas@thedrive.com





【Defense News】 Valerie Insinna 2020.09.16

米空軍が将来の戦闘機の謎の実物大プロトタイプを製作し飛行させた。

image008
Air Force Chief of Staff Gen. Dave Goldfein sits inside the cockpit of Boeing's T-7 training jet during a Jan. 15, 2019, visit to the company's production facility in St. Louis, Mo. The Boeing T-7 is the first Air Force jet to be produced using digital manufacturing techniques. (Boeing)

ワシントン発-米空軍は、謎に包まれた次世代戦闘機の少なくとも1機の試作機を秘密裏に設計、製造、飛行させていると、米空軍の最高幹部が9月14日、防衛ニュースに明らかにした。

この開発は、20年前の統合攻撃戦闘機の契約のための戦いの間に実験的な戦闘機の初飛行を最後に見た防衛コミュニティに衝撃を与えることは確かである。空軍の将来の戦闘機計画はまだ初期段階にあり、デモ機の展開と初飛行の成功は何年も前から予想されていなかった。

"ウィル・ローパー博士は、空軍協会の航空・宇宙・サイバー会議に先立って行われた独占インタビューの中で、「我々はすでに実物大の飛行実証機を製作し、実際に飛行させ、記録を更新してきました。"私たちは、これまでにない方法で次世代航空機を製造する準備ができています。

次世代航空優勢プログラムの分類のため、航空機自体のほぼすべての詳細は謎のままである。

ローパー博士は、これまでに何機の試作機が飛行したのか、どの防衛産業どの防衛コングロマリットが製造したのかについてコメントを避けた。最初の飛行がいつどこで行われたかについても言及しなかった。また、航空機のデザインについても、そのミッション、乗員なしか乗員ありか、超音速で飛べるか、ステルス性があるかどうかなど、いかなる側面についても明らかにすることを拒否した。

これらの属性は重要ではない、とローパー博士は言う。

重要なのは、空軍が代替案の分析を完了してからわずか1年後に、空軍が最先端の高度な製造技術を使って次期戦闘機のバーチャルバージョンを構築してテストし、実物大のプロトタイプを構築してミッションシステムを搭載して飛行させることができることを証明したことだ、とローパー博士は言う。

"これは、デジタルエンジニアリング、アジャイルソフトウェア開発、オープンアーキテクチャの「聖なる三位一体」を用いて構築された空軍初の航空機であるボーイング社のT-7レッドホーク・トレーナージェットのように、単純なシステムのものに適用できるものではありません」とローパー博士は述べています。


"「我々はこれまでに構築された中で最も複雑なシステムを追求しています」「このデジタル技術で全ての箱をチェックしました」 "実際には、箱をチェックするだけでなく、本当に魔法のようなものを実証しました"

現在、次世代航空覇権プログラム(NGAD)は、決定打の段階に入っている。ローパー氏は、空軍が次世代戦闘機の生産にどれくらいのスピードで移行できるかについては、「かなり早い」と言う以外は明言を避けた。しかし、新世代戦闘機の生産を開始することを決定する前に、どれだけの航空機を購入するか、いつ購入を開始するかを決定しなければならないが、それは2022年度予算に影響を与える可能性があるすべての選択肢である。


image010
The Air Force awarded a nearly $1.2 billion contract to Boeing for its first lot of eight F-15EX fighter aircraft on July 13, 2020. (Eric Shindelbower/U.S. Air Force)

このプログラム自体が防衛産業を根本的に揺るがす可能性を秘めている。もし空軍が近いうちにNGADの購入に動けば、F-35とF-15EXプログラムに挑戦者を加えることになり、これらのプログラムを危険にさらす可能性がある。

また、NGADを構築するために重要な高度な製造技術は民間部門によって開拓されたものであるため、このプログラムは、航空機のための新たなプライムコントラクターの出現への扉を開く可能性があり、おそらくSpaceXの創設者であるイーロンマスク氏にF-35の競合機を設計するチャンスを与えるだろう。

"世界で最も偉大な航空機を空軍と一緒に作るために世界で最も偉大な航空機会社を立ち上げることは、まさに彼らが趣味やメインの仕事としてやりたいと思っているような刺激的なことだと決めるだろう」とローパー博士は語った。

実物大の戦闘機プロトタイプの飛行の開示は、空軍が予算の制約に直面しており、勢いを得る必要がある重要な時期に議会からより多くの財政支援を集めるために空軍が必要とするものだけである可能性があります、とアメリカン・エンタープライズ研究所の防衛予算アナリスト、マッケンジー・イーグレン氏は述べています。

"もしあなたが何かに素早く到達し、製品を通して進歩を示すことができれば、議会の全体的な動きを変えることができます。"ローパー博士は多くの逆風を受けているので、これは彼のアイデアのための概念的な成功を示すための可能性の高い手段であるように思われる。"

抜本的な新規獲得

将来の戦闘機の試作機を飛ばすのは簡単なことだった。今、空軍はそれを購入するための過激な方法にコミットするかどうかを選択しなければならない。

過去50年間で、米国の産業基盤は、先進的な戦闘機を製造できるメーカー10社から、わずか3社の防衛企業にまで減少した。ロッキード・マーチン、ボーイング、ノースロップ・グラマンの3社のみである。空軍が新しい戦闘機を研究開発から本格的な生産に移すまでにかかる時間は、数年から数十年にも及ぶ。

その結果、企業は、開発・生産段階で技術的な要求を満たすことができることを、競合他社よりも低コストで証明するために戦うことになり、すべての戦闘機プログラムは実存的なものとなる。企業はプログラムの後半になってようやく利益を上げることができるようになり、製品のアップグレード、修理、寿命の延長に必要な技術的知識を持ったサスティメントプロバイダーとして固定されるようになります。

"持続性勘定は誰も理解していないブラックホールです。運用保守は誰も理解できないブラックホールです」とEaglen氏は言います。"サスティナビリティを変えることができる人は、買収のゲームを大きく変えることができます。

空軍にとってのターニングポイントは、航空機が製造後15年になったときである。この年数になると、メンテナンスコストは急速に増加し、毎年3~7%ずつ増加するとローパー博士は9月15日に発表した「Take the Red Pill. 赤い薬を飲め:新しいデジタル取得の現実」と題された9月15日の文書に書かれています。

しかし、もし空軍が古いジェット機の維持に多額の資金を費やす代わりに、その資金を新しいジェット機の購入に充てるとしたらどうだろうか?

ローパー博士が提案した「デジタル・センチュリー・シリーズ」モデルは、高度な製造技術とソフトウェア開発技術により、空軍が迅速に航空機を開発し、より頻繁に購入することが可能になるというものである。

8月、空軍の先進航空機プログラムオフィスは、このアイデアが技術的に実現可能かどうか、さらに重要なのはコスト削減が可能かどうかを検証することを目的としたデジタルセンチュリーシリーズモデルのビジネスケース分析を完了しました。

T-7プログラムやNGADプロトタイプの開発で使用されているようなデジタル製造・開発手法を適用することで、F-35やF-15のような伝統的戦闘機と比較して、次世代戦闘機のライフサイクルコストを30年間で10%削減できることがわかったと、ローパー氏は書いています。

image012
Before the Air Force decides to begin producing a new generation of fighters, it must determine how many aircraft it will commit to buy and when it wants to start purchasing them — all choices that could influence the fiscal 2022 budget. (Mandel Ngan/AFP via Getty Images)

しかし、30年のライフサイクルで生産されたデジタル製造された戦闘機の単一のバリアントと同じ価格のために、空軍は8年ごとに新しい戦闘機を購入し、16年後にそれらを交換することができます - 飛行機が3500飛行時間マークに到達する前に、ここではそれが重いオーバーホールとその寿命を延ばすために高価な修正を必要とし始めます。

"私は、常にすべてのミッションにおいて、すべてのケースで常に優位性を発揮しなければならない1機だけの機体を作るのは、賢明な考えだとは思いません」と彼は言います。"デジタルエンジニアリングにより、異なる種類の飛行機を作ることが可能になります。そして、もし本当にスマートであれば......艦隊全体でスマートな共通性を確保することができます。

主な違いは、空軍が戦闘機プログラムのコストの大部分を航空機の寿命が尽きるまでではなく、前倒しで使うことになるということです。新しい戦闘機を継続的に設計するために、空軍は複数のベンダーと契約を結び、約8年ごとに新しい設計を選択することになる。産業界に利益をもたらすビジネスケースを作るために、毎年約50~80機の航空機のバッチを購入することになる。

その結果、開発コストは25%、生産コストは18%増加します。しかし、航空機の近代化にかかる価格は79%下がり、維持費は基本的に半分になるとローパー氏は論文に書いています。

"私はライフサイクルの両端をなくすことはできません。"そして私は論文の中で、将来の航空優位性のために使うお金の色を選べるのであれば、それを研究、開発、生産にするべきだと主張しています。

ローパー博士は、継続的な戦闘機の生産と開発にも戦略的な利点があると述べた。超音速ミサイルであれ、ドローンの翼手であれ、新しい能力が成熟して戦闘機の生産に移されると、中国は米国の技術的進歩に対応しなければならなくなります。

image014
DF-17 hypersonic glide vehicles are shown during a Chinese military parade. (Greg Baker/AFP via Getty Images)

"これにより、我々がディスラプターになる代わりにディスラプターになることができるように、物事を行うペースを速めることができるが、問題に安い労働力を投入することで損なわれることのない方法で行うことができる」と同氏は語った。

次のステップは、FY22年度のプログラムにどれだけの余裕があるかを空軍の指導者が決めることであり、航空機の開発にデジタル・センチュリー・シリーズ・モデルを採用するかどうかを決めることだ。

"私たちが今後すべきことは、空軍省の財政的コミットメントのレベルと初期運用に向けて課金してほしいと考えている日付を簡単に理解することです。

"最短で(最初の実戦投入日を)達成することが最も重要なことではないかもしれません。技術的な)境界線をさらに押し広げることが重要かもしれません。これらの決定は、私がリーダーたちに考えさせるために与えたものだ。しかし、私が彼らに与えたすべての決定は、従来のものよりも優れた決定です」。

空軍が戦闘機のためのより高い先行費用を支払うために納税者を必要とするビジネスプランのための財政支援を得るつもりであるならば、それは明確に希望の戦闘能力を識別する必要があります、IRIS Independent Researchの航空宇宙アナリストであるレベッカ・グラントは言った。

"今、私たちはF-35、F-15EX、デジタルセンチュリーシリーズの小ロットコストを持っています。"と彼女は言った。"それがそんなに素晴らしいものなら、たぶんそれは先行コストに見合うだけの価値があると思います。確かにそれは異論はあるかもしれませんね。これは、同じようなバッチサイズで同じようなコストで、すべてのペニーの価値があった新しいF-117なのでしょうか?我々には分からない"

技術的な面では、空軍は仮想環境でのテスト活動を実施するための厳格で標準化された方法を確立する必要があります。また、政府所有のコンピューティング環境を介してコーディングを行うことに、産業界が賛同する必要がある、とローパー博士は述べています。

"すべての産業界のパートナーが独自のメカニズムを作成することはできません」と、ローパー氏は述べています。"デジタル設計とアセンブリについても、物理的な設計のアセンブリと同じように厳格なプロセスが必要です。そのためには、私たちは政府の中でそれを所有し、政府の中でそれを認証することになります」。

そして、おそらく最も重要なことは、空軍はこのコンセプトを議会に売り込まなければならないということです。ローパー博士は国防委員会のスタッフにブリーフィングを行い、それらの委員会に座る多くの議員と機密セッションを開き、NGADの開発と試験活動の詳細な進捗状況だけでなく、ビジネスケース調査の結果を発表しました。

"この件では、何人かの厳しい聴衆を相手にしました。プログラムを削減したいと言われた人や、なぜ必要なのか理解していない人もいました」と彼は認めました。"しかし、私はこのようなブリーフィングの中で、『これは未来のことだ、今やるべきだ』と言っている議員以外の何者でもありませんでした。なぜもっと早くしないのか?なぜスピードが出ないのか、その答えは単純にお金の問題です。デジタル技術がそれを可能にしているので、今日はもっとアクセルを押し下げることができます。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で下翻訳をしました。
米軍はATLAで研究していたDMUデジタルモックアップ技術を持っているらしい。
DMUデジタルモックアップ技術は、日本のF-3開発にも23DMU~24DMU~25・26DMUと次々と製作され、延々とシュミレートされ最強の戦闘機を製作する最先端の日本の特殊な技術だと思っておりましたが、米国でもT-7RedHawkでもとっくに完成され技術のようだ。米国でもDMUで第六世代戦闘機用に使用され、次世代戦闘機用にテストデモンストレーターの飛行まで行われているという。

おそらく、幾つかある次世代戦闘機用DMUの一つが下記画像だと思われます。

image022



image026





By Secretary of the Air Force Public Affairs / Published September 14, 2020


image020
(U.S. Air Force courtesy graphic)

バーバラ・バレット空軍長官は、2020年9月14日、バージニア州アーリントンで開催された空軍協会の航空・宇宙・サイバー会議で、新たな兵器システムの呼称 "e "シリーズを発表しました。航空機、衛星、兵器システムなど、デジタル工学的に設計されたものには "e "の接頭辞(瀬頭語)が与えられる。

アーリントン, バージニア州 (AFNS) --

バーバラ・バレット空軍長官は、空軍協会の会議の出席者に対し、空と宇宙技術の未来には、物理的な形になる前にデジタルで設計され、事実上テストされる航空機、兵器、人工衛星が含まれるだろうと述べました。

真のパラダイムシフトであり、買収を検討しているシステムは、ボーイングeT-7Aレッドホーク上級訓練機のように、デジタル基盤で設計、開発、製造されることになります。この新しいプロセスは、国防総省のデジタルeシリーズのアプローチの一部である。

同長官は、世界的なパンデミックのためにバーチャルで開催されている今年の空軍協会の航空・宇宙・サイバー会議での基調講演の中で発言しました。

この会議は世界的なパンデミックのために仮想的に開催されています。"企業がデジタルエンジニアリングによって提示された可能性を受け入れるように鼓舞するために、今日、空軍省は新しい兵器システムのデジグネータ-'e'シリーズを発表しています "とバレットは言いました。"航空機、衛星、兵器システムなど、デジタル・エンジニアリングされたものには「e」の接頭辞が付けられます。

デジタルアプローチを使用して設計された米空軍初の航空機、eT-7Aレッドホークは、モデルベースのエンジニアリングと3D設計ツールを採用し、組み立て時間を80%短縮し、ソフトウェア開発時間を半分に短縮しました。この航空機は、コンピュータ画面から初飛行までわずか36ヶ月で完了しました。

他の空軍や宇宙軍のプログラムでも、デジタルエンジニアリングの力を活用して設計とテストの時間を短縮しています。将来的には、より多くの空軍および宇宙軍の買収プログラムが、デジタルエンジニアリングの原則を使用してシステムの設計、コード化、構築を行うことになるでしょう。

空軍関係者によると、eSeriesデジタル獲得プログラムは、完全に接続されたエンドツーエンドの仮想環境となり、物理的な兵器システムがどのようなものになるかをほぼ完璧に再現することができるようになります。それは、可能な限り最高のシステムを設計するために、何千回、何百万回もの仮想的な反復をマシンスピードで可能にすることで、技術のバトルスペースでの競争を助けるために、前例のないスピードと俊敏性をもたらすでしょう-しかし、単一の最高のデザインを構築するだけです。


 
米国空軍パイロットト養成の再編成は、新たな紆余曲折を作る

MQ-9 Reaperの後継機はGA-ASI(ジェネラル・アトミックス・エアロノーティカル・システムズ社の大胆で新しいビジョンを示します