【THE WAR ZONE】 THOMAS NEWDICK FEBRUARY 18, 2021 

米空軍参謀総長はF-16の代わりにF-35より高性能ではないクリーンシート戦闘機を望んでいる。

F-16の後継が研究されており、F-35のための空軍の独自の調達計画はますます不安定になっている。


米空軍は、現在戦術航空団のバックボーンとなっているF-16に代わる全く新しい戦闘機の設計を検討している。チャールズ・Q・ブラウン・ジュニア空軍参謀長は、F-16を置き換えるための「クリーンシートデザイン」を含む可能性があり、潜在的にF-16の後継機として当初意図されていたF-35Aの1,763機を購入するという長年の計画を脅かす可能性がある、サービスの将来の力の構成についての数ヶ月間の研究を開始している。

昨日のDefense Writers Groupでの講演で、元F-16の教官パイロットであるブラウン氏は、バイパーに取って代わる新しい「4.5世代または5世代マイナス」の戦闘機のアイデアを紹介した。この戦術機(TacAir)研究は、空軍が戦術戦闘機部隊の最適なバランスを評価するための調査中の提案の一つであり、国防総省のコスト評価・プログラム評価(CAPE)と連動して実施される予定である。


image010
U.S. AIR FORCE/JACK HARMAN
The first-ever formation of F-16s equipped with new Active Electronically Scanned Array radarsover Eglin Air Force Base, Florida, July 2, 2020.


"「これは、私が空軍内部で行う必要があると考えている決定を伝えるのに役立ちますし、私が推奨する戦力構成はどうあるべきかを知ることができます」 "私の言うことに誰もが正確に同意するとは思いませんが、出発点としての出発点を持っておきたいと思います。しかし、私は出発点として、対話の出発点を持っていたいと思っている」と説明した。

ブラウン将軍は、空軍の2023年度予算案の決定に役立つよう、戦力構成の研究が間に合うように完成されることを望んでいると述べています。"23年度予算では、そこで重要な決定を下すことになると思います」と付け加えた。

空軍参謀長が念頭に置いているのは、先月のアビエーション・ウィークのインタビューで、空軍の調達・技術・兵站担当のウィル・ローパー空軍次官補が示唆したような、最新のブロック70/72バージョンのようなF-16の高度なバージョンの発注ではありません。

ブラウン将軍は、F-16-たとえ1970年代のジェット機を大幅に改良したものであっても、将来の空軍には適切な選択ではないと激しく主張した。ブラウン将軍は、バイパーにはソフトウェアの更新を希望するスピードで受け取ることができないこと、また、迅速な再構成を可能にするオープンアーキテクチャのソフトウェアプロトコルが欠如していることを指摘した。

ブラウン氏は、新しい航空機には「オープンミッションシステム」を搭載してほしいと述べた。このようなオープンアーキテクチャの設計は、新しい戦闘機がミッション中にもソフトウェアの更新を迅速に連続して受信することを可能にするだろう。

image012
U.S. AIR FORCE/ANDY MORATAYA
Air Force Chief of Staff General Charles Q. Brown Jr.

その代わりに、空軍が検討するのは、「F-16ではない、新しいもの、違うもの、それらの能力をいくつか持っているが、より速く、我々のデジタルアプローチのいくつかを使用しているもの」の製造である、とブラウンは言いました。スピードへの言及は、F-16よりも高速なプラットフォームを示唆しており、おそらくスーパークルーザー能力への欲求を示している。総合的に見て、速度が上がれば出撃率が上がるだけでなく、戦闘環境での生存率も上がるだろう。 

この「デジタル・アプローチ」は、空軍の新しい戦術戦闘機の構想の根幹をなすものであり、ローパーが考案した「デジタル・センチュリー・シリーズ」にも通じるものがある。このコンセプトでは、ダイナミックに進化する脅威に対応するために、中国やロシアのような脅威に追いつくために、より少ない数の航空機が急速に生産されています。

同様のデジタルエンジニアリング、いわゆるeSeriesコンセプトは、空軍の新型T-7Aレッドホーク練習機や、将来の航空戦闘能力を開発するためのシステム・オブ・システムのアプローチを取っているNext Generation Air Dominance (NGAD)プログラムの特徴にもなっています。昨年9月、ローパーはNGADの試作機がすでに飛行していることを確認したが、ブラウンは新しい戦術戦闘機はF-35と同様にNGADを補完するように調整されるだろうと示唆した。



image014
BOEING
The Boeing/Saab T-7A Red Hawk trainer.

実際、ブラウン氏は3つのプログラムの名前を挙げ、それぞれが「敵との競争力を維持するため」に必要であり、「ローエンド戦」を遂行するためにも必要であると指摘している。したがって、提案されている新型戦術戦闘機は、アフガニスタンや中東で空軍が長年携わってきた非対称戦闘のようなローエンド戦用にある程度最適化されているか、あるいはこれらの作戦から得た教訓を取り入れた設計になっているのではないかと推測されます。

戦術航空機(TacAir)の研究のアイデアは、「何が正しい戦力構成なのかを調べることだ」と彼は述べ、空軍にはF-35のような第5世代の戦闘機が必要であり、「敵との競争力を維持するためにはNGADが必要だ」と説明し、「ローエンドの戦い」のための能力が必要だと説明している。

この時点では、TacAir研究のために試作機や実証機を製作する予定はないが、NGADでの経験は、少なくとも比較的短期間で実現可能であることを示唆している。しかし、ブラウン氏は、現在の焦点は「モデリングとシミュレーションと分析」にあると述べ、「それが今後数ヶ月間、ここで行う予定のことです」と付け加えた。それ以上に、プログラムが次にどこに進むかについての決定は、CAPEの調査結果に基づいて行われることになるだろう。

image016
U.S. AIR FORCE/R. NIAL BRADSHAW
Crew chiefs assigned prepare to launch F-35As during a Red Flag exercise at Nellis Air Force Base, Nevada.

CAPEと同様に、ブラウンのTacAirの研究は、別の別の研究、新しいGlobal Posture Review(グローバル・ポスチャー・レビュー)と連携することになっている。これは、例えば、前方に展開された空軍の資産の将来の状況などを検討するものである。

"この2つの間で行ったり来たりの対話は、グローバル・ポスチャー・レビューを形成するのに役立つと思います。同時に、グローバル・ポスチャー・レビューは、空軍省が打ち出した優先事項に基づいてTacAir研究を形成するのに役立つでしょう。

戦術戦闘機の在庫に将来の「クリーンシートデザイン」の場所があるかどうかを評価するだけでなく、ブラウンは、空軍全体で386個の中隊をフィールドにするというサービスの目標を再評価する時期かもしれないと言います。2018年に空軍は、2030年までに戦力構成を312個中隊から386個中隊に大幅に拡大する計画を発表したが、この計画についてはThe War Zoneが前回の特集で詳しく取り上げた。

image018
U.S AIR FORCE/TECH. SGT. KENNETH W. NORMAN
U.S. Air Force KC-135 Stratotankers, C-17 Globemaster IIIs, and KC-46 Pegasus aircraft line up for an elephant walk at Altus Air Force Base, Oklahoma. Tankers and airlifters are also part of the squadron numbers conundrum. 

"私は、今ある戦力規模と予算で386個飛行隊の戦力にできるだけ近づけたいと考えている。さらに、空軍長官は、改定された戦術戦闘機ミックスに具現化された種類の能力が、386個中隊以下の戦力でも望ましい能力を達成できることを期待している。

もちろん、これにはどれだけのコストがかかるのかという観察は重要である。空軍はすでに、国防総省史上最も高価なプログラムであるF-35やNGADへの支払いを迫られており、これに加えて新たな戦術戦闘機を追加する可能性もある。一方で、空軍は現在の戦術機隊を増強するために新しいF-15EX戦闘機を購入することを約束していますが、予算の一部を要求する様々な無人機プログラムもあるでしょう。これは、空軍の戦術的な航空戦力のポートフォリオ以外のすべてのイニシアチブを言うまでもありません。

NGAD、F-15EX、そして-潜在的に-TacAirの下にある他の何かの3つの要素は、F-35プログラムもまた、より大きな圧力の下に来始めていることを強調しています。

image020
LOCKHEED MARTIN
An artist’s concept of a manned NGAD fighter.

また、無人化の問題や、空軍が戦術航空艦隊内に戦闘用ドローンを統合することを検討しているという事実もあります。それが有人戦闘機部隊ミックスの計画にどのように影響するかを言うのは早計だが、この傾向が将来の戦闘機隊の計画に大きな影響を与えることは避けられないようだ。

平均年齢28歳の空軍戦闘機隊では、「これでは敵との競争には勝てない」とブラウン氏は認識している。したがって、TacAirの研究は、手頃な価格でありながら、平均年齢を下げる方法を検討することになるだろう。

空軍のF-35Aの購入はまだ公式には1,763機であるが、昨年12月のAviation Weekは、2018年の早い段階で、サービスがF-35Aの注文を1,050機に削減するための研究を準備していたことを報告した。

image022
LOCKHEED MARTIN
The F-35’s assembly line at Fort Worth, Texas.

それ以来、すべてのF-35の亜種の単価は減少しているが、ジェット機の維持費についての懸念が高まっている。2019年、米軍は2070年までに米空軍、海兵隊、海軍全体で計画されたF-35のフルフリートを運用し維持するだけで1兆196億ドルのコストがかかると評価している。

ブラウン氏は、F-35が現在エンジンの摩耗に問題を抱えていること、そしてTacAirの研究はこれも考慮していることを認めた。彼は、ジェット機のF135エンジンは、重い使用と定期的な配備の結果として、「特定の領域で少し速く故障している」と述べた。メンテナンスの変更が検討されている間、ブラウンはまた、問題の一つの解決策は単にF-35の使用を減らすことかもしれないことを確認した。

空軍はまた、修理のための需要の増加が定期的なデポのメンテナンスで渋滞を引き起こすので、F135エンジンの不足に直面している。当局は最近、これが解決するのに数ヶ月かかる可能性がある問題であることを認めた。

image024
U.S. AIR FORCE/RICK GOODFRIEND
Pratt & Whitney’s F135 engine, used in the F-35A, during ground testing.

"航空機の使用量は控えめにしたい" とブラウンは言った "毎日フェラーリを運転して通勤するわけではないし、日曜日にしか運転しない。これは我々の "ハイエンド "戦闘機であり、ローエンドの戦いのために全てを使用しないようにしたいのです。

そのローエンド戦の解決策の一つは、もちろん、現在TacAirの研究で検討されている新型戦闘機かもしれません。

空軍が計画された1,763機のF-35Aを実際に購入する余裕があるかどうかについて考え直していることは明らかになってきているが、それはほんの数年前に起こるだろうと予測するのは難しかっただろう。さらに最近では、F-15EXの取得でさえ、F-35企業を脅かすと感じた人々からの反発に直面している。

image026
U.S. AIR FORCE/JIM HAZELTINE
The 56th Operations Group flagship F-16 escorts Luke Air Force Base’s first F-35A to the base in March 2014. 

これまでのところ、ローパーとブラウンの両方が、今年は新しいF-16モデル、またはそのようなものが空軍に導入され、潜在的にその過程でF-35の数を減らす可能性があることを示唆していることは非常に重要です。

ウィル・ローパーは、空軍の調達・技術・兵站担当次官補を辞任する前の1月に、F-35Aが「大量に購入できる手頃な戦闘機になるにはまだ遠い道のりだ」と考えていると述べた。彼は、「F-35の数の増減やブロック4との能力の組み合わせなど、F-15EXやNGADで行うかもしれないこととは別の取引」を見ることになると予想していると付け加えた。

"それが、空軍が選択肢を持っているように、他の戦術航空オプションがミックスされていることが魅力的な理由です」とローパーは付け加えた。

そのアプローチは、新しい戦術的な戦闘機がどのようにミックスに収まるかもしれないかを検討するブラウンの計画に沿ったものと思われる。その戦闘機がどのように見えるかもしれないし、空軍がF-35とNGADと一緒にそれのために支払うことができるかどうかは、しかし、見られるままである。

Contact the author: thomas@thedrive.com
www.DeepL.com/Translator(無料版)を下訳として翻訳しました。

毎度、当ブログ恒例のF-35をディスる記事である。

当ブログはF-35がとにかく好きでない、F-35は問題だらけの戦闘機であるというのが、当ブログの一貫した主張である。F-35憎さで赤旗記事までリンクしてしまう。(笑)




昨今のアンチF-35のトレンドはエンジン不足である。F-35の欠陥の多くはプログラミングとプラット・アンド・ホイットニー社製F-135エンジンに起因している。特に、エンジンのタービン翼が問題で、今回もタービン翼のメインテナンスが問題で結果としてエンジン不足となり、F-35の作戦飛行計画に支障をきたしているという。


F135エンジンに深刻な設計上かつ構造上の問題を起こす根本的問題は、F-35を双発エンジンではなく単発エンジンを選んだことがその根本問題だ。単発を採用することでコスト低下には寄与すると判断したのだろうが、その決断が「F-35は、パワー不足の鈍重な失敗作」だと口に出さなくともミリタリー関係者達の共通認識となっている。

F-35は基本設計に空軍と海兵隊、海軍の要望を取り入れた結果、構造が複雑になっているからだ。航空機の設計では、複雑さは重量に直結する。F-35の重量は燃料満載時は35トンと、単発戦闘機としては極めて重い。

F-15戦闘機は双発機であるが重量は40トン。重量35トンのF-35の単発のF135エンジンに過大な負担がかかるのは自明の理である。F-35が度々でエンジントラブルに見舞われるのも驚くには当たらない。大出力のF135エンジンにもかかわらずF-35は「鈍重」な戦闘機ちなってしまった。
【DefenceNews】 Valerie Insinna    February 12

image044
Members of the 380th Expeditionary Logistics Readiness Squadron Air Terminal Operations Center wheel an F-35A Lightning II engine out of a C-17 Globemaster III aircraft, August 26, 2020, at Al Dhafra Air Base, United Arab Emirates. (Tech. Sgt. Charles Taylor/U.S. Air Force)

エンジン不足は、F-35エンタープライズを直撃する最新の問題である。

ワシントン発-F-35共同攻撃戦闘機プログラムは、ジェット機のプラット&ホイットニーF135エンジンの不足に悩まされており、状況が改善されるまでに数ヶ月かかる可能性がある、と国防当局者は金曜日に述べた。

F-35合同プログラムオフィスによると、問題は2つあるという。第一に、オクラ州ティンカー空軍基地にあるF135ヘビーメンテナンスセンターは、予定されたデポメンテナンスでエンジンを迅速に処理することができていない。

第二に、メンテナンス担当者は、エンジンパワーモジュールの「少数」で「ローターブレードコーティングの早期損傷」を発見しており、より多くの修理作業を作成し、バックログに貢献している。

Defense Newsの取材に応じたある防衛当局者は、この問題を "深刻な準備態勢の問題 "と呼んだ。2022 年までに、F-35飛行隊の約 5 ~ 6 %が、修理を必要とする F135 によって引き起こされる予定外のエンジンの取り外しと同様に、定期的なデポのメンテナンスのために、エンジンがない状態になる可能性がある。

空軍幹部は、是正措置がその閾値(イキチ)を超えないようにプログラムを維持することを望んでいるが、国防当局者は、それらの修正がうまくいかず、それ以上の措置が取られない場合、F-35の20%ものF-35がエンジン不足によって影響を受ける可能性があることを確認した。

1月に、Ellen Lord(当時の国防総省の最高買収担当官)は、先月69%であったF-35の任務遂行能力率を低下させる主なメンテナンスの問題の一つがエンジンの問題であると記者団に語った。

エンジンの問題の結果として、空軍は、既存のメンテナンスのバックログを追加しないように、F-35デモチームの2021年のスケジュールから8つのパフォーマンスを削減した、とBloombergは2月10日に報じた。

F-35プログラムオフィスによると、国防省がエンジン不足問題の兆候に最初に気付いたのは2020年の初めだったという。夏の終わりに、防衛省は、以前に予想されていたように、F135デポが年間60個のエンジンパワーモジュールを処理することができないことを明らかにしたアップデートを受け取った、と防衛省関係者は述べた。

その中には、「エンジンを解体している間に見えていた作業範囲の増加、技術データが利用できないこと、エンジニアリングの廃棄待ち時間の一部、利用可能なサポート機器の不足、そして...デポの作業員の習熟度」など、無数の要因が含まれています。


これは、F135パワーモジュールのブレードに適用された熱保護コーティングの劣化の「より高い優先順位」と相まっていました。

メンテナンスのバックログに取り組むためには、空軍は6月までに稼働しているはずのF135重いメンテナンスセンターで第2シフトを追加している、と役人は言った.

F-35プログラムオフィスは、すでに追加のパワーモジュール修理サポートのためにPratt & Whitneyと契約しており、より多くのトレーニング、サポート機器や技術データを取得するために契約者とその作業を行っています。

"我々が目指しているのは、約122日でパワーモジュールが完成することです。我々は今日で200日を少し超えている」と関係者は述べた。

レイセオン・テクノロジーズの子会社であるプラット&ホイットニーもまた、2020年春にエンジンブレードのハードウェア改造を導入し、生産ラインとサスティナビリティを通過するエンジンに組み込んでいると、同社は声明で述べています。

"我々は、F-35合同プログラムオフィス、サービス、オクラホマシティ航空兵站複合施設と緊密に協力して、F135のメンテナンス、修理、オーバーホール、アップグレードのネットワーク全体で企業の能力を高めるために継続しています。"と同社は述べています。"P&Wはまた、F135プログラムの持続性戦略が提示している固有の課題を認識しており、JPOや各サービスと協力してニーズを満たすためのソリューションの調整を継続しています。

空軍は2月17日にティンカー空軍基地でF-35司令官がF135パワーモジュール問題を改善するために短期的な措置を取るべきかどうかを含めてプログラムについて議論するサミットを開催する予定だが、防衛当局者はどのような追加的な行動が可能であるかについての詳細を明らかにしなかった。

少なくとも、F-35キャノピーの進行中の問題を解決するための良いニュースが地平線上にある。

2019年、F-35共同プログラムオフィスは、キャノピーのコーティングがベースから剥がれ始めると、問題は透明剥離を中心に展開するとDefense Newsに語った。問題が発生すると、キャノピーが交換されるまで、航空機は一時的にサービスから外される。

しかし、GKNエアロスペース社(F-35のすべての機種のキャノピーの透明性を生産している)は、需要を満たすのに十分なキャノピーを生産するのに苦労しており、何十機もの航空機が交換を待っている状態で飛行ラインに残っている。

防衛関係者によると、近い将来、この問題には多少の緩和があるかもしれないとのことです。プログラムオフィスは最近、F-35のサプライチェーンに2番目のキャノピーメーカーを追加した。PPG Aerospace社は、5月にF-35キャノピートランスペアレンシーの生産を開始する予定である。
www.DeepL.com/Translator(無料版)を下訳として翻訳しました。

F-35が失敗作でなければ半世紀近く前に初飛行したF-15の最新バージョンであるF-15EXの調達はあり得ない。F-16の最新バージョンもF-35の部隊化以降も世界的に大ベストセラーである。



チャールズ・Q・ブラウン・ジュニア空軍参謀長の発言では、米空軍新4XXX世代戦闘機は台湾空軍向けのF-16Vバイパーの最新型(F-16E/FBlock 70/72)ではないとのことだ。

日本の最終的にF-35に決まった第四次FXの選定に一時注目されたF-2Super改F-2性能向上型 F-2サイレント改)が議論された。



ブラウン空軍参謀長の 新4XXX世代戦闘機にF-16Vではないという理由は、FXにF-2改が落選した理由と同じだと思う。落選理由が、F-2の度重なる価格上昇でF-15Jとかわらなくなってしまった。F-2は機体が小さいF-16に大きな改造を施した故に性能向上の余地が少ないく、F-2はミサイルなどの装備数にも限界がある為である。

新4XXX世代戦闘機の現実的選択はF-15EXかF-18E/F性能向上型、そしてF-16Vの性能向上型ではないかと思う。

米空軍の欲する新4XXX世代戦闘機がもしF-16Vの更なる発展型になると日本もF-35ではなくF-2改の選択も悪くはなかったかもしれない。
【MilitaryWatch】February-19th-2021

計画中のF-35発注を大幅カットを検討。米空軍参謀総長は、よりシンプルな「4+世代」戦闘機に置き換えたいと考えている。

第5世代シングルエンジン戦闘機F-35は、就役前からかなりの論争の対象となっており、クリストファー・C・ミラー前国防長官からジョン・マケイン上院軍事委員会委員長、そしてマイケル・ギルモア国防総省のチーフ・ウェポン・テスターに至るまで、何年にもわたって厳しく批判されてきました。

戦闘機の入手率が非常に低く、複数の深刻な性能問題に悩まされており、まだ戦闘準備ができておらず、5年以上前に就役したにもかかわらず、大量生産を承認する国防総省が設定したテストにもまだ合格していないため、アメリカのプログラムへの投資が減少する可能性がますます高まっています。


最近提案された米空軍によるF-35Aの受注削減は、計画された艦隊規模を1,763機から1,050機以下に縮小することを伴うものであり、これは40%以上の減少である。空軍は、F-35sの代わりに、老朽化しているが信頼性が高く、複雑ではないF-16ファイティング・ファルコンの注文をすることも同時に検討している。

image040
F-16 and F-35 Fighters

非常に問題を抱え、メンテナンスが非常に高いF-35と、老朽化したF-16の間に挟まれ、米国内外で陳腐化と言われるようになってきたF-16は、チャールズ・Q・ブラウン・ジュニア空軍参謀長は、F-35よりも安価でシンプル、かつF-16よりも近代的な、全く新しいクラスの軽量シングルエンジン戦闘機の開発を求めている。

彼はこれを「4.5世代または5世代マイナス」の戦闘機と呼んでいる。"これは、私が空軍内部で行う必要があると考えている決定や、私が推奨する戦力構成についての情報提供に役立つだろう」と述べた。"私の言うことに誰もが正確に同意するとは思いませんが、私は実際に出発点を持っておきたいと思っています。しかし、出発点として、対話の出発点として、実際に出発点を持っていたい」と述べた。

ブラウン氏はF-16のさらなる発注に反対しており、とりわけF-16にはオープンアーキテクチャのソフトウェアプロトコルが欠如しており、迅速な再構成が可能であることや、戦闘機がソフトウェアの更新を十分に迅速に受け取れないことを強調しています。

ブラウン氏は空軍が必要としている新しい戦闘機について、「F-16ではない、新しいもの、違うもの、それらの能力を持ちながらも、より速く、我々のデジタルアプローチの一部を利用したもの」と言及しています。

image042
F-16E - a '4+ generation' F-16 designed for export

中国とロシアは、第5世代の航空機と並行して戦場に投入する「4++世代」戦闘機の開発に多額の投資を行ってきた。過去に国防総省当局者によって主要な問題として強調されていたF-35の受注を減らした主な理由の1つは、戦闘機のメンテナンス要件と運用コストが過度に高く、当初設計が意図していたものよりもはるかに大きいということだった。

F-16の運用コストが1時間あたり約7,700ドルであるのに対し、F-35の運用コストは約31,000ドルであり、F-16をF-35に置き換えても手頃な価格ではないことを意味している。新しい'4+世代'のアメリカの戦闘機は、おそらくF-16のF110エンジンをベースに作られているが、より多くの武装とステルス機能を備えた新しいデザインを使用しており、より実用的な代替機を提供することができるだろう。

成功すれば、航空機の誘導はまた、計画されたF-35の購入をさらに削減することにつながるかもしれない。
www.DeepL.com/Translator(無料版)を下訳として翻訳しました。

F-35は当初米軍史上で最も多く使われる戦闘機となるはずだった。F-15,F-16,A-10,AV-8,F-18の後継として、米国防総省は、向こう数十年で現在F-35を2435機導入する計画ではあるが・・・新4XXX世代戦闘機がその何割かを担う可能性がある。

F-35は米国の空海軍力の未来を担う主力戦闘機でありながら、その基本的な設計的欠陥は、米国の国家安全保障に大きな穴を開け、日本を含め西側同盟国の安全保障を危機にさらしている。

新4XXX世代戦闘機を今更新規開発するより既存第4世代戦闘機の電子装備を改造する可能性が高く、生産ラインがあるF-15,F-16,F-18がその候補であることは間違いないであろう。

米国の第6世代戦闘機NGADと新4XXX世代戦闘機のF-15EXもしくはF-16VヴァイパーSuper改が第5世代戦闘機F-35の開けた大穴を埋めるのではないかと私は期待しています。

ちなみにT-7練習機の戦闘機化も可能性は低いとは思いますが、新4XXX世代戦闘機の対抗大穴となる可能性もあるかもしれないと思います。