あの~投稿日は4月1日です。

イメージ 1

世界一高いバベルの塔が完成目前!

高さ2500m!「第3東京タワー」

奥多摩で極秘建設中だった!
http://r25.yahoo.co.jp/ 【2010.04.01】
実に168階建て、828mの高さを誇るブルジュ・ハリファ(ドパイ)が「世界で最も高い建築物」となったのは昨年のこと。しかし「世界1」を目指す人類の飽くなき欲望には終わりはない。
サウジアうビアでの約1600mのタワー建設計画をはじめ、ブラジルや中国など、世界中で次々と超高層ビルの建築計画が発表されている。
日本では通称スカイツリーの建築が進んでいて、完成すれば一時的にせよ、世界2位の高さとなる予定なのだが…。「2位で納得できるわけがないじゃないですか。浅田真央さんだって悔しがってましたよね。目指すなら1位。それが、”第3東京タワー”の最大の建設目的なんです」そう語るのは建築評論家の河田涼さん。
彼の案内で奥多摩へと向かった取材班が目撃したのは、信じがたい光景だった。
「古代エジプトのオベリスクという記念碑をデザインモチーフとして設計されています。
高さは約2・5㎞に達していて、間違いな<、世界一の巨大建造物ですよ。ほぼ完成しているのですが、先端部分に100mほどの避雷針を取り付ける作業が残っていると聞いています」(河田さん)しかし、いったい誰が、何のために・・・?
「目的は”世界一”の称号です。そのために付加機能は一切排除し、シンプルなタワーを目指しました。産官学の連合体をべ-スにした第3東京タワー製作委員会を極秘で立ち上げまして、急ピッチで建設を進めてきました。極秘にしたのは、諸外国が計画を聞きつけ、我々のタワーを超える建築物を計画するのを遅らせるため。とはいえ、日本の誇るあらゆる建築技術を駆使したタワーですから、簡単には超えさせないという自信はあります。いざとなったら、避雷針をもっと延ばします(笑)」(第3東京タワー製作委員会)
総建設費は約2兆5000億円一周辺住民などへの口止め料含む)。この不思議な超巨大建造物、愛称の一般公募は4月1日よ りスタートする。(追川望)
世界高層建物ベスト5
1プルジュ・ハリファ(UAE)828m
2東京スカイツリー(日本)634m(建設中)
3広州テレビ・観光塔(中国)610m
4CNタワー(カナダ〕553.3m
5オスタンキノ・タワー(ロシア)540.1m
スカイツり一を除き、すでに完成したもののみ。サウジアラビアやクウェートでは
1OOOm超えビルの建設計画も進んでいるという

イメージ 4

【100万人が住む、火山型の巨大タワー都市構想:日本の『X-Seed 4000』など100万人が住む、火山型の巨大タワー都市構想:日本の『X-Seed 4000』など】

 
イメージ 2
サウジアラビアが計画している1600mタワー
サウジアラビアでの建造計画が発表された。【DailyMail】によればそのビルの高さは5250フィート(1600メートル)、建造費用は50億ポンド(約1兆円)にもおよぶという。俗称は「マイル・タワー」(※1マイルは約1600メートル)。
元記事によれば、今回の「超高層ビル」の建造者はイギリス・ロンドンの高級ホテル【London's Savoy Hotel】のオーナー(2005年に12.5億ポンド=2500億円で買収した)でもあるサウジアラビアの Prince al-Walid bin Talal王子(51)によるもの。イギリスの工学コンサルタント会社(【Hyder Consulting】など)らによって設計されたもので、1600メートルという高さは現在建造中の「ブルジ・ドバイ」の2倍程度の高さになるという。建造場所はサウジアラビア西部・紅海に面する港のあるJeddahという都市。仮にこのビルが建造されれば、最上階から中東全域はもちろん、アフリカ北部、さらにはインド洋まで見渡せるとのこと。
 
イメージ 5
クウェートに建設予定の高さ1001mの超高層ビル
 
 
東京スカイツリー
 
Crystal Island モスクワで計画されている高さ450mの巨大ビル
 
湾岸に超タワー続々、アラブ諸国の超高層建築競争 AFP
 
風力発電で形が変わるプレハブ式超高層ビル、ドバイに建設
 
イメージ 3
シンガポールで、まるで積み木でも積むように重ねて建てる、建築物が計画されています
 
デザインは世界を救うinhabitat.:architecture】なかなか面白いサイトです
 
今日電車の中でR25のページを開いて思わずニヤリ!としてしまいました。
第三東京タワーはエイプリルフールの記事ですので・・・・
R25も構想中ぐらいにしておけば、もっと沢山の人がひかかったのに残念!
建築中のスカイツリーが昨日東京タワーを抜いたとのニュースが出た直後なのでなかなかのエイプリルフールでした。